気になる質問実績紹介会社概要お客様からの声販売中の物件・土地リフォーム(改築・増築・修繕)

気になる質問

トップページ気になる質問

家づくりって何から始めたらいいの?

まずは家を建てようと考えたら一呼吸置いて落ち着いてください。
頭に浮かぶのは住宅展示場へ行って話を聞く、不動産会社を選ぶ、銀行等のローンの仕組みを学ぶなどではないでしょうか?
しかし一番最初にしなければならないのはこれらではありません。

一番最初にしなければならないのは「ご家族で新築に暮らした時の様子を想像すること」です!

とりあえず話だけでも聞こうと住宅展示場等に赴くのはあまりおススメはしません。
なぜなら住宅展示場には営業のプロがいるからです。
何もイメージしないまま行ってしまうと営業マンからの説明で全てが良く見えてしまい自分のイメージとは違う家を建ててしまいます。
その後に後悔しても後には戻れません。
まずご家族でどんな感じの家に住みたいのか、部屋の形を簡単に話し合う等をしてみましょう。
イメージをしっかりと持ってから住宅展示場や不動産会社に行くと、「これはイメージと違うな」、「これはいい。参考にしよう」など買ってしまう前にブレーキをかけることが出来ます。
手続きや不動産会社は後からでも決めることはできます。
しかし、イメージは最初にしておかなければイメージと違ったなんてことになりかねません。

満足した家を建てられるように慌てずに準備しましょう♪

どんな会社を選んだらいいの?

まず初めに何を基準で会社を決めるかで変わっていきます。
「ブランドで決める」、「モデルハウスを見て決める」、「価格で決める」、「工務店のデザインで決める」、「営業マンの接客態度で決める」「過去に建てたお客様の声で決める」等いくつか絞る項目があります。
このような項目からいくつかを選んでお客様の理想の条件に見合った会社を探されるといいと思います。

当社がおススメしている項目は「モデルハウスで決める」、「過去に建てたお客様の声で決める」です。

その理由は実際にお客様ご自身の目でその会社がどのような物件を建築しているかを確認することが出来るからです!
営業マンから「私たちはこのような物件を建築しています」とパンフレットを見せられてもいまいち解りませんよね?
しかし、その会社が建てたモデルハウスがあって見学することが出来れば解りやすいと思いませんか?
お客様に満足していただける家をご提供できる自信と得られる信用があるからモデルハウスをご用意できるということになります。

そしてもう一つ大事なのは過去のお客様です。

どれだけ腕のいい大工さんや営業マンがいる会社でも過去に建てたお客様の声(レビュー)が悪かったら選びませんよね?
またどんな会社にも良い所と悪い所が必ずあります。
良い会社はお客様からの指摘を真摯に受け止めて直そうと努力している会社です。

家が出来上がって引き渡したら終わりではありません。引き渡した後のお付き合いの方が長いのです。
過去に建てられたお客様のアフターメンテナンス等の声も大事な参考資料になります。

家を建てたいけどどこに頼んでいいかわからない場合はこのような項目で絞っていくと良い会社に出会うことが出来るはずです♪
いくつかの会社に絞ることが出来たら各会社にお見積りを出してもらってそこからまた考えていくといいと思います。

引き渡しまでの流れは?

家づくりを決める
どのような家にするのか、どんな部屋・設備が欲しいのか等をしっかりとご家族で話し合いましょう♪

どこの工務店またはハウスメーカーに建築を依頼するか決める
ここでご自分のイメージに合った家が建てられるか決まるといっても過言ではありません。親身になって話を聞いてもらえる会社に依頼しましょう。
細かな色や素材や細かな金額等に関しては各会社のプランナーの方と話し合って決まるのであらかじめ決めておく必要はありません。

地鎮祭
無事に家が建てられるように地の神様を鎮めるための儀式を行います。

着工
基礎工事から始まり完成までお客様と一緒に家づくりを頑張ります。

工事完了

検査(完了)
確認申請で提出した図面どおりに建物が出来ているかどうかを役所または指定確認審査機関が検査します。

検査(設計)
監理者(設計者)が検査します。
キズや施工に不具合がないかなどを検査し、問題箇所を指摘します。

検査(施主)
施主さんが検査をします。
ここで注意しなければならないのは、問題が無ければ施主さんは納得したものとみなされてしまいますので厳しくチェックしましょう。

是正工事
完了検査、設計検査、施主検査で問題があった場合、是正工事を行います。
完了したら、再度、検査・確認を行います。

引き渡し・取り扱い説明
鍵をお客様にお渡しし、お客様自身に施錠、解錠の確認をしていただきます。
ここで全ての書類をお客様にお渡しいたします。(説明書・確認書・請負書等)

工事費支払い
引き渡し後、速やかに残金の支払い済ませます。

登記
抵当権設定登記を行い、融資が実行されます。
※登記に関しては、しないお客様もいらっしゃいますが将来登記の取り合い等でトラブルが起こってしまうケースがありますので
登記はしっかりとしておきましょう!

基本的にはこのような流れになります。
詳しくはお客様がお選びになった不動産会社から直接聞くのが良いでしょう。

スーパーウォール工法って何?

従来の木造軸組工法にSWパネルを重ねた高気密・高断熱・高耐震の工法です。
このSW工法はLIXILと連携して健康で快適な空間をお施主様にお届けする為に作られた工法です。
SWパネルで発砲ポリウレタン(断熱材)を挟み込みそれを柱や梁に気密パッキンで密着(固定)させ、気密性・耐震性を高めることで家の内部の温度の高低差をなくし、どこにいても快適な気温を保てるようになります。
また、優れた保温効果によって冷暖房の使用を抑えることが出来るので省エネルギーにもつながります。
SW工法では高気密化によって汚れやすくなった室内空気を考慮し計画換気システムを組み込んでいて定期的に空気換気をすることによって各部屋に新しい空気を送り込むことができ、快適な暮らしを実現。
近年で注目されているPM2.5や花粉などの外気の汚染空気を大幅にカットし、きれいな空気のみを室内に送り込むことが出来ます。
また、高断熱で夏は涼しく、冬は温かく家全体の温度差も少なくなり、ヒートショック防止にもつながります。
地球・建物・家庭・家計にも非常に優しい工法となっていますので
スーパーウォール工法に関して詳しく知りたい場合は一度お問い合わせいただくか当店にお越しください。

ZEH(ZEHビルダー)って何?

ZEH(ゼッチ)とは、ネット・ZERO(ゼロ)・ENERGY(エネルギー)・HOUSE(ハウス)の事をいいます。
ZEHは高断熱や省エネ性の高い機器を利用して消費エネルギーを限りなく減らし、太陽光発電などで自宅で創るエネルギーが消費エネルギーを上回るようにして1年間のエネルギー収支を「0またはプラス」にしようという取り組みから生まれました。
また、ZEHを支援事業として行うには登録する必要があり、登録を行っている工務店やハウスメーカーのことを「ZEHビルダー」といいます。